薬膳漢方資格のお役立ち情報まとめ

薬膳漢方資格のお役立ち情報まとめサイトイメージ

身体の内側から美容と健康に良い効果があることから、注目が高まっている薬膳と漢方。当サイトでは、この古来からの優れた知恵を取り入れられる情報と、効果的に身につく資格・講座についてわかりやすく解説していきます。薬膳漢方でもっと健康維持!

MENU

薬膳漢方でもっと健康維持!薬膳漢方資格のお役立ち情報

漢方の原料と調合方法
医療機関を受診するほどではないまでも、さまざまな体調不良に悩まされている方は少なくありません。特に女性の場合、生理痛や冷え性、便秘、肌荒れ、むくみ、頭痛などを慢性的な体調不良を抱えている方は年々増えています。

そこで人間の身体の体質を改善し、体調を整え、健康と美しさを得ることが可能である「漢方」と「薬膳」が注目されています。しかし、漢方や薬膳という名前を聞いたことがあっても、具体的なことは知らない方もいらっしゃるかもしれません。

では、漢方と薬膳が注目されている理由をみてみましょう。

薬膳漢方資格は何ができるの?

薬膳漢方資格にはさまざまな種類が存在していますが、すべて民間団体が主催している民間資格です。その中でも人気がある好評な薬膳漢方資格は、受験資格がなく誰でも自由に受験できる日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「漢方コーディネーター」と「薬膳調整師」です。

では、これらの資格を取得すると何が行えるのでしょうか?漢方コーディネーターには、漢方や漢方薬に対する知識と漢方による診断方法や養生を理解していることが求められています。

漢方は化学的な治療をする西洋医学とは異なり、気や血の巡りなどの観点から身体に不足しているものを補給したり、個々の体質や症状に合わせて生薬を調合し、不調を感じる原因を根本から治療することを目的としています。

つまり、患者さんの身体を観て、オーダーメイドで漢方を調合する治療法です。漢方コーディネーター資格があることで、漢方に関連する薬局や企業などでビジネスとして資格を活かせるでしょう。また、学んだ知識を自分や家族などの周囲の人に役立てたり、講師としてカルチャースクールやセミナー、生涯学習センターなどで活躍することも可能です。

では、薬膳調整師資格があると何を行えるでしょうか?薬膳調整師は、薬膳に関する基礎的な知識や技術、漢方から見た食材の組み合わせ方、効能などを理解していることが求められています。薬膳料理は、身体の調子を整える効果がある食材を選び、それに合った適切な調理方法で作ることで、身体の調子を整えることを目的としています。

毎日の食事にも生かせるので、近年では薬膳調理師が活躍できる分野の需要が伸びています。レストランやカフェなどの飲食業界はもちろんのこと、食料品店などさまざまな業界で資格を活かし活動することが可能です。

また、自分や家族の健康のために、毎日の食卓で学んだ知識を活かせる実践的な資格なので、多くの方から高評価を得ています。

資格取得までにかかる期間目安は?

漢方・薬膳資格取得を目指し、資格対策の勉強を行うにはどのようにしたら良いのでしょうか?一番効率よく学べるおススメの学習勉強方法は、認定試験に対応している通信講座を受講することです。

「諒設計アーキテクトラーニング」の「漢方・薬膳W資格取得コース」と、「SARAスクールジャパン」の「漢方薬膳資格取得講座」は、日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「漢方コーディネーター」と「薬膳調整師」の認定試験に対応しています。

毎日30分という短い学習でも、通常6ヵ月という受講期間で資格取得が目指せるようカリキュラムが構成されています。少しでも早く資格を取得したい場合は、少し早めのスピードで学習を進めれば、最短2ヶ月で資格取得も可能です。

また、諒設計アーキテクトラーニングの漢方・薬膳W資格取得コースの「スペシャル講座」と、SARAスクールジャパンの漢方薬膳資格取得講座の「プラチナコース」は、講座卒業後、卒業課題を提出することで認定試験が免除され、漢方と薬膳の資格が認定されるコースが用意されています。

つまり、認定試験の受験申し込み手続きや受験、合否通知を待つなどの時間や手間を省くことができるのでさらに短期間で資格を取得することが可能です。そのため、資格取得を急いでいる方や確実に資格を取得したい方は、諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座、もしくはSARAスクールジャパンのプラチナコースの受講の検討をオススメします。

薬膳と漢方はなにが違う?

薬膳と漢方の違いとは何でしょうか?そもそも薬膳と漢方のルーツは同じで、中国の伝統医学である”中医学”に基づいています。これをベースに日本独自の医療へと変化させたものが「漢方」です。

また、漢方薬は、2つ以上の生薬を組み合わせたものを指します。複数の生薬を組み合わせることで相乗効果がでたり、生薬がもつマイナスを調合した生薬がプラスへと補うなどの目的があります。また、個々の体質や抱えている症状にあった的確な生薬を選ぶことで漢方薬として効果を発揮します。

漢方薬の原料となる生薬には、植物の根や葉をイメージする方が多いかもしれません。もちろん植物の根や葉も原料として含まれますが、それに加え、動物、昆虫、鉱物なども漢方の原料として利用されています。乾燥させたものや、パウダータイプのもの、煎じた液体タイプなどさまざまな形態で販売されています。

では、薬膳とは何でしょうか?薬膳は体調に合った食材を組み合わせ、それに合った調理方法で食事を作り、食生活から体調を改善させていくことを目的としています。

薬膳も中医学をベースとしているので、薬のような薬草を料理に使用する場合があります。それぞれの食材には異なる効能や効果があるので、それを個々の体質や抱えている症状に合わせて料理することが薬膳料理です。現代の薬膳料理は、身近にある食材を組み合わせて作れるよう工夫されています

このように漢方と薬膳は中医学をベースにしているという共通点がありますが、漢方は薬として、そして、薬膳は料理として異なる形で体質を改善へと導きます。

漢方はお薬じゃないの?

漢方は、日本独自に発展した中医学をベースに複数の生薬が調合される医薬品です。ひとつの成分で作られている西洋薬と違い、漢方薬は複数の生薬を配合することでさまざまな成分が含まれている薬となります。そのため、本来身体が備えている治癒力を高めながら、体質改善を目指した治療に特化しています。

つまり、漢方薬は西洋医学では治療しにくい慢性的な疾患や症状に対応することが可能となっています。病院を受診すると必ずと言えるほど西洋薬が処方されていきましたが、近年では漢方薬を処方する医療機関も少しづつ増えています。

医療機関を受診するほどではない程度の、比較的軽い症状に悩まされている方は、漢方を扱っている薬局やお店などで、自分の体質や症状に合った生薬を調合してもらい、それを服用することで、原因不明の体調不良でも改善へと導けるでしょう。

健康のための資格にぴったり!

仕事や家事、育児などで毎日奮闘している女性にとって、現代社会はストレスで満ちています。特に女性の場合、男性よりもホルモンのバランスが崩れやすい傾向にあり、冷え性や肌荒れ、生理痛などの医療機関を受診するほどではない程度の、軽めの身体の不調に悩んでいる方は若くても多くいらっしゃいます。

また、ストレス社会で働いている女性の中には、胃痛や便秘などの胃腸トラブル、頭痛などで悩んでいる方も少なくありません。そこで役立つのが漢方と薬膳です。中医学をベースにしている漢方と薬膳では、人間の身体を構成している「気(き)」、「血(けつ)」、「水(すい)」の3つがバランスよく保たれていると、身体と心の健康が保たれていると考えられています。

もしこの3つのうち1つが不足している時、体調不良を引き起こすと言われています。漢方は体調不良の原因を根本から解決して不調を整えることを目的としています。漢方は個々の体質や抱えている症状に合った生薬を調合し、毎日服用することで体質改善することが可能です。

また、漢方の理論に基づいた薬膳は、それぞれの食材がもつ効能や作用を組み合わせた薬膳料理を取り入れることで、体調不良を改善へと導けるようになっています。漢方と薬膳についてしっかりと勉強することによって、自分の身体や心の健康にプラスとなることが多いでしょう。

それら漢方や薬膳について体系的に学べる、資格に対応した講座を受講してみてはいかがでしょうか?

漢方・薬膳W資格取得コース

薬膳漢方資格で健康意識を高めよう!

薬膳漢方資格取得を目指し、薬膳と漢方についての知識を諒設計アーキテクトラーニングの「漢方・薬膳W資格取得コース」で学ぶことによって、より健康意識を高めることができるでしょう。この講座で薬膳漢方資格取得を目指し、さまざまなことについて学べる内容となっています。

たとえば漢方の場合、漢方の基礎から始まり、漢方の歴史、漢方の思想、気・血・水について、五臓六腑、五臓と六腑の関係、病気の外的要因・内的要因、証、漢方の診断方法、症状と体質に合った漢方、症状と体質から選ぶ体質改善プログラムなどが学べます。

一方、薬膳の場合、薬膳の基礎知識、食療と薬膳、食材と効能、野菜・乾物・魚・肉の食材、薬膳料理・薬膳酒・薬膳茶のレシピなど実践的な内容が学べます。ですから、日常生活で漢方を有効的に取り入れことや、薬膳料理のレパートリーなどを増やすこともでき、健康意識を高め、体調不良を改善へと導くことが可能です。

また、健康だけでなく、内面からの美しさも手にできます。薬膳漢方資格取得を目指し、身体と心とお肌で効果を実感してみませんか?

漢方・薬膳W資格取得コース

まとめ

冷え性や便秘、頭痛、生理痛、疲労がとれないなど病院を受診するまでもない体調不良は、漢方や薬膳をとりいれることで体質を改善することが可能です。これらの症状で悩まされているのであれば、薬膳漢方資格の取得を目指して、薬膳と漢方について本格的に学んでみてはいかがでしょうか

諒設計アーキテクトラーニングの「漢方・薬膳W資格取得コース」は、「漢方コーディネーター」と「薬膳調整師と2つの認定試験に直接対応した講座内容となっています。これらの資格は仕事に活かすこともできますし、学んだ知識は今すぐにでも生活に活かせます。

普段の食卓にも使える薬膳レシピも学べるような、実践的な内容の講座となっています。この機会に講座の受講を検討してみませんか?まずは諒設計アーキテクトラーニングへ、無料の資料請求からはじめてみましょう。

漢方・薬膳W資格取得コース

薬膳資格講座おすすめ・ランキングガイド
漢方資格講座おすすめ・ランキングガイド
薬膳・漢方資格取得で料理を身につけるサイト
漢方・薬膳資格おすすめ情報比較サイト


TOP