薬膳漢方資格のお役立ち情報まとめ

薬膳漢方資格のお役立ち情報まとめサイトイメージ

身体の内側から美容と健康に良い効果があることから、注目が高まっている薬膳と漢方。当サイトでは、この古来からの優れた知恵を取り入れられる情報と、効果的に身につく資格・講座についてわかりやすく解説していきます。薬膳漢方でもっと健康維持!

MENU

薬膳を作る時に気をつけること

薬膳を作る時に気をつけること

薬膳料理と聞くと、難しい料理をイメージしてしまい、作ることを断念してしまう方もいらっしゃるかも知れません。

しかし薬膳料理は、わたしたちの身近にある食材で簡単に調理することが可能です。

すでにみなさんも薬膳料理とは知らずに、普段の食事で作っているかもしれません。

では、薬膳料理をつくる時に気を付けたいことを具体的に見てみましょう。

日本人の体質に合った食材を選んで薬膳を作ろう!

日本人には日本人に合った適切な食材を選び、料理を作る必要があります。それに加え、個々の体質や体調に合った食材や調理方法を選ぶことで、健康を維持することはもちろん、病気を未然に予防することも可能です。

つまり、薬膳は各個人の状況に合わせたオーダーメイドの料理と言えるでしょう。したがって、食材選びはとても大切であるという事がわかります。適切な食材選びをするためには、身近にある食材にはどのような作用や効能があるかを、しっかりと把握しなければいけません。

旬の食材を生かすこと!

旬の季節の食材は、とても栄養価が高いため、それら旬の食材を活かすことは薬膳料理の基本です。たとえば春が旬のセロリやフキノトウ、タラの芽などは、冬の間緊張してしまった筋肉をほぐし、体内に溜まった老廃物を体外へ排出を促す作用があります。

また、夏が旬のトマトやきゅうり、なすなどは、身体を冷やし、余分な水分の排出を促す利尿作用があります。このように旬に採れる食材を生かして薬膳料理を作ることは、薬膳の基本となり、とても大切なことです。

薬膳料理が学べる諒設計アーキテクトラーニングの「漢方・薬膳W資格取得コース」

3年連続口コミランキング第1位を獲得している諒設計アーキテクトラーニングの「漢方・薬膳W資格取得コース」では、漢方コーディネーター薬膳調整師の2資格の認定試験に有効な講座内容を提供しています。

薬膳だけでなく、漢方についても本格的に学べる話題の講座となっています。

たとえば薬膳に関しては、薬膳に関する基礎的な知識をはじめとし、漢方的な観点からみた野菜・乾物・果物・魚・肉などの食材の効能、それらを活かした薬膳料理や薬膳酒、薬膳茶などのレシピについて学べるような内容になっています。

実際、生活に取り入れることが可能となるような、実践的な内容であるため、健康維持はもちろん内面からの美しさを手にすることが可能になるでしょう。

まとめ

薬膳料理を作る時は、体質に合った旬の食材を選ぶことがとても大切です。

薬膳料理に関して本格的に学びたい方は、諒設計アーキテクトラーニングの「漢方・薬膳W資格取得コース」の受講し、資格取得を目指して体系的に知識を身につける事を検討してみてはいかがでしょうか?

漢方・薬膳W資格取得コース


TOP