薬膳漢方資格のお役立ち情報まとめ

薬膳漢方資格のお役立ち情報まとめサイトイメージ

身体の内側から美容と健康に良い効果があることから、注目が高まっている薬膳と漢方。当サイトでは、この古来からの優れた知恵を取り入れられる情報と、効果的に身につく資格・講座についてわかりやすく解説していきます。薬膳漢方でもっと健康維持!

MENU

漢方で体調不良を改善する方法

漢方で体調不良を改善する方法

漢方は東洋医学がベースとなっており、いくつかの生薬を合わせたものが漢方薬と呼ばれています。

この漢方薬は、病院を受診して薬局などで処方される西洋薬とはまったく別のものとなります。

漢方は副作用が少ないため、体調不良を改善する解決策としてすでに多くの方が利用しています

では、漢方で体調不良を改善する方法についてみてみましょう。

女性ホルモンの症状を改善する漢方

漢方薬は、改善したい症状や効果に合わせて調合します。たとえば女性が抱える体調不良の多くは、女性ホルモンのバランスが崩れていることが原因となっています。

そのため、自立神経の乱れや肌のトラブル、生理不順、更年期障害などの症状があらわれます。女性ホルモンのバランスを整え症状を改善できる漢方薬には、桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)、温経湯(ウンケイトウ)、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)などがあります。

漢方で冷え性を改善できる!

漢方を服用することによって、冷えの改善など、さまざまな悪い体質を改善することが可能です。漢方薬は血液やリンパの流れの働きをよくする作用があるので、胃腸や自立神経などに働きかけることができます。そのおかげで代謝がアップし、冷え性が改善されます。

冷え性に良いと言われている漢方薬には、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、安中散(あんちゅうさん)、大建中湯(だいけんちゅうとう)、真武湯(しんぶとう)、温経湯(うんけいとう)などがあります。冷え性の原因を考慮しながら、自分の体質に合った漢方薬を選びましょう。

自分に合った漢方が選べる「漢方コーディネーター」

漢方薬はさまざまな生薬を調合し、個々の病態や症状、その人の体質に合ったものを作ります。そのため、自分の体質や症状に合った生薬を選ぶことをせずに、効能や効果を十分に発揮することはできません

そこで、今人気の「漢方コーディネーター」資格取得を目指し、漢方について専門的な知識を深めることは、このような漢方の様々な恩恵を受けられるとても良い選択です。

諒設計アーキテクトラーニングの「漢方・薬膳W資格取得コース」は、漢方コーディネーター資格と薬膳調整師の資格の認定試験に対応しています。資格取得を目指し、講座の受講を検討してみませんか?

まとめ

漢方は症状に合った生薬を選ぶことで、体調不良を改善することが可能です。諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講し漢方について学び、健康や美を手にしませんか?まずは無料の資料請求からはじめてみましょう。

漢方・薬膳W資格取得コース


TOP