薬膳漢方資格のお役立ち情報まとめ

薬膳漢方資格のお役立ち情報まとめサイトイメージ

身体の内側から美容と健康に良い効果があることから、注目が高まっている薬膳と漢方。当サイトでは、この古来からの優れた知恵を取り入れられる情報と、効果的に身につく資格・講座についてわかりやすく解説していきます。薬膳漢方でもっと健康維持!

MENU

資格の難易度と勉強方法

資格の難易度と勉強方法

さまざまな体調不良は、食生活を見直すことで改善することは可能です。そのため、漢方や薬膳を取り入れ、健康や美を内面から変えていくことが注目されています。

それに伴い、漢方や薬膳資格取得を目指し、専門的な知識を学んでいる方は少なくないようです。

漢方や薬膳資格取得は難しいのでしょうか?その難易度と勉強方法についてみてみましょう。

漢方・薬膳資格とは?

漢方や薬膳に関する資格はさまざまなものがありますが、どれも民間団体が主催している民間資格です。その中でも受験資格がなく誰でも自由に受験することが可能な日本安全食料料理協会主催の「漢方コーディネーター」と「薬膳調剤師」が人気資格として高評価を得ています。

これらの資格は、仕事に活かすことはもちろん、自分や家族の健康管理のために、また、美容のために学んだ知識を役立てられる実践的な内容となっています。

漢方・薬膳資格の難易度はどのくらい?

「漢方コーディネーター」認定試験の難易度はどのくらいなのでしょうか?

まずこの認定試験を主催している日本安全食料料理協会の公式ホームページで申し込み手続きを行います。認定試験は年に6回実施されており、自宅での在宅受験を採用しています。資格の難易度である合格基準は70%以上であるため、比較的合格しやすい認定試験となっています。

では、「薬膳調剤師」認定試験はどうでしょうか?この認定試験も漢方コーディネーター同様、公式ホームページで手続きをし自宅で受験することが可能です。漢方コーディネーター同様、合格基準は70%以上となっています。

漢方・薬膳資格の勉強方法とは?

漢方コーディネーターと薬膳調整師の認定試験合格基準が70%以上だとしても、薬膳と漢方の専門的な知識が出題されるので、しっかり試験勉強をして臨む必要があります。おススメの勉強方法は、漢方コーディネーターと薬膳調整師の2資格に対応している「諒設計アーキテクトラーニング」の「漢方・薬膳W資格取得コース」を利用することです。

初心者の方でも安心して学べるよう、専門家の監修のもと分かりやすいカリキュラムが採用されています。また、勉強中分からないことがあった場合でも、何度でもプロに質問できるといった、質疑応答サポート体制が充実しているのもポイントです。

まとめ

漢方コーディネーターと薬膳調整師は、合格基準が70%以上なので比較的資格を取得しやすいおススメの認定試験です。しかし、1度で合格するには、しっかり試験勉強をする必要があります

諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講し、効率よく試験勉強をしませんか?

漢方・薬膳W資格取得コース


TOP