薬膳漢方資格のお役立ち情報まとめ

薬膳漢方資格のお役立ち情報まとめサイトイメージ

身体の内側から美容と健康に良い効果があることから、注目が高まっている薬膳と漢方。当サイトでは、この古来からの優れた知恵を取り入れられる情報と、効果的に身につく資格・講座についてわかりやすく解説していきます。薬膳漢方でもっと健康維持!

MENU

漢方コーディネーター資格

漢方コーディネーター資格

西洋医学では治療が難しいものでも、漢方は自分の症状にあった体質改善に特化していることがあり、効果が期待できる場合があります。

そのため、日常的に漢方を服用している方も少なくありません。

そんな漢方の知識を有していることを証明する「漢方コーディネーター」資格が注目されています。どのような資格なのか、詳しくみてみましょう。

漢方コーディネーター資格とは?

漢方コーディネーター資格は、日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催している民間資格です。この資格には、漢方や漢方薬に対する基本的な知識や特徴、漢方の歴史、漢方の種類と利用方法、漢方の思想など、漢方に関する幅広い知識が求められています。

資格取得後は、漢方を扱うお店で資格を活かしたり、講師としてカルチャースクールやセミナー、自宅などで漢方の魅力について教える活動も可能です。

漢方コーディネーター資格の評判とは?

漢方コーディネーター資格取得を目指し、漢方について学ぶことで、自分の体調に合った漢方薬を探すことができるようになった、と多くの方から高評価を得ています。

また、履歴書にも記入することが可能なため、幅広い分野で資格を活かせるのも魅力のひとつとなっているようです。漢方は”なんとなく調子が悪い・・”という時に服用でき、体調を改善へと導くことも可能とされています。

資格取得を目指し、体系的に学ぶことによって、漢方について詳しくなることから、上手に健康管理を行えるようになる、というメリットもあります。

漢方コーディネーター資格を取得するには?

漢方コーディネーター認定試験は、日本安全食料料理協会の公式ホームページで受験の申し込み手続きをします。認定試験は年に6回、2月、4月、6月、8月、10月、12月に実施しています。

受験資格は特に求められていないので、誰でも自由に受験することが可能です。受験費用は税込み10,000円で、申し込みの際に記入した住所に解答用紙が届いた際に受験料を支払います。

受験方法は在宅受験を採用しているので、地方に住んでいる方や家から外出することが難しい方であっても、気軽に受験することができるという点も、漢方コーディネーター認定試験が高評価を得ている理由のひとつとなっています。

まとめ

漢方コーディネーター資格は、日常生活にも役立つ資格のひとつとして注目されています。漢方の世界はとても奥が深いため、独学で学ぶには限界があるでしょう。

そこで、漢方コーディネーター認定試験に有効な諒設計アーキテクトラーニングの「漢方・薬膳W資格取得コース」の利用をオススメします。

初心者の方でも安心して学べるようカリキュラムが構成されています。まずは無料の資料請求からはじめてみましょう。

漢方コーディネーター資格


TOP