薬膳漢方資格のお役立ち情報まとめ

薬膳漢方資格のお役立ち情報まとめサイトイメージ

身体の内側から美容と健康に良い効果があることから、注目が高まっている薬膳と漢方。当サイトでは、この古来からの優れた知恵を取り入れられる情報と、効果的に身につく資格・講座についてわかりやすく解説していきます。薬膳漢方でもっと健康維持!

MENU

子どもに適した薬膳料理

子どもに適した薬膳料理

薬膳料理は大人だけのものではありません。子どもでも頭痛や風邪など、病院にいくほどでもないような、軽い体調不良を抱える場合があります。

市販の薬を飲ませて治すこともひとつの方法ですが、自然の食材を使った薬膳料理によって、身体への負担をかけずに体調を改善することが可能です。

では、子どもに適した薬膳料理をご紹介しましょう。

子どもには薬よりも薬膳がおススメ!

子どもは、ちょっとしたことでよく体調を崩します。その度に薬を与えるよりも、薬膳料理を作り、体調を回復へと改善させた方が、子どもの小さな体には負担がかからないため、おすすめです。

たとえば咳がでる症状がある場合、りんごをすりおろしてお湯とはちみつを加えるだけで、子どもに適した薬膳となります。

その子に適した食材を選ぶことによって、子どもであっても、食材がもつ薬効や効能を得ることが可能です。

子どもが風邪を引いたら・・?

子どもが風邪をひいたとき、親なら誰でも心配でしょう。病院に連れていくこともできますが、まずは薬膳料理を作り、様子を見てはいかがでしょうか

風邪を引くとたいていの子どもは食欲が落ちます。そんな時は、のどを通りやすい薬膳うどんがおすすめです。その作り方はとても簡単で、いつものうどんに、薬膳効果がある薬味をトッピングするだけです。

たとえばネギを加えることで、食欲増進、解熱作用、消化促進、殺菌作用などの効能や効果を得れます。また、ショウガを加えることで発汗作用や解熱作用、大根おろしを加えることで食欲増進や消化促進などを期待できます。

薬膳レシピが学べる諒設計アーキテクトラーニングの「漢方・薬膳W資格取得コース」

3年連続口コミランキング第1位を獲得している諒設計アーキテクトラーニングの「漢方・薬膳W資格取得コース」では、薬膳だけでなく漢方も学べる内容で、2つの資格取得を目指せる講座を提供しています。

薬膳レシピと聞くと特殊な食材を利用するのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、諒設計アーキテクトラーニングの講座で学べる薬膳レシピは、わたしたちの身近にある食材で作れる薬膳料理、薬膳酒、薬膳茶などのレシピとなっており、とても実践的な内容となっています。

そのため、すぐにでも学んだことを食卓に活かせます。初心者の方でも問題なく学べるようカリキュラムも構成されているので、6ヵ月(最短2ヶ月)という受講期間で講座を卒業し、資格取得することが可能です。

まとめ

薬膳料理は大人だけのものではなく、子どもにも適応することが可能です。諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講することによって、資格取得を目指し、本格的に薬膳が学べるようになっています。まずは無料の資料請求からはじめてみませんか?

漢方・薬膳W資格取得コース


TOP