薬膳漢方資格のお役立ち情報まとめ

薬膳漢方資格のお役立ち情報まとめサイトイメージ

身体の内側から美容と健康に良い効果があることから、注目が高まっている薬膳と漢方。当サイトでは、この古来からの優れた知恵を取り入れられる情報と、効果的に身につく資格・講座についてわかりやすく解説していきます。薬膳漢方でもっと健康維持!

MENU

漢方を普段から摂取するメリット

漢方を普段から摂取するメリット

漢方と聞くと中国をイメージする方も少なく無いでしょう。

しかし、漢方は日本独自で発展した日本の医療のひとつで、身体のバランスを整え、個々の体質や症状に合わせ、自然界にある植物や動物、鉱物などの生薬を組み合わる調合したものが漢方薬として親しまれています。

では、漢方を普段から摂取することで、どのようなメリットを得られるのでしょうか?

漢方薬とは?

薬には西洋医学がベースの西洋薬と、東洋医学がベースの漢方薬の2種類に大きく分けられます。病院を受診すると薬を処方されますが、近年ではオーガニック志向の影響を受け、漢方薬を処方する病院も増えています。

漢方薬は、いくつかの生薬を配合して作る薬のことで、個々の体質や抱えている症状に合わせて、オーダーメイドで調合します。つまり、同じ病気にかかっていても、体質が異なっている場合、同じ漢方薬を使うとは限りません

漢方を普段から摂取するメリットとは?

漢方薬を普段から摂取することで、体質改善につながります。漢方は身体の治癒力を高め、症状を改善していくという思想があります。そのため、生理痛や冷え性、更年期障害などの悩まされている方は、普段から漢方を摂取することで体質改善へと導くことが可能です。

また、病気にはなっていなかったとしても、軽い症状を自覚しているのであれば、漢方薬はとても効果的です。漢方薬は西洋薬と比較すると副作用が少ないため、あまり身体に負担がかかりません。

ただし、即効性のある西洋薬と違い、効果を実感するまでにある程度の時間を必要とします。そのため、体質を改善させるためにも、漢方薬は長期的に摂取するようにしましょう。

今話題の「漢方コーディネーター」資格取得を目指そう!

3年連続口コミランキング第1位を獲得している通信講座「諒設計アーキテクトラーニング」では、漢方コーディネーターと薬膳調整師のの2資格取得が目指せる「漢方・薬膳W資格取得コース」を提供しています。

漢方や漢方薬に対する基本的な知識、漢方独自の診断方法、養成、症状と体質に合った漢方、つぼマッサージなど漢方に関して一通り学び、資格の取得を目指します。

毎日30分という短い学習であっても、6ヵ月で2つの資格取得が可能な内容となっています。少し早めのスピードで学習を進める場合には、最短2ヶ月で資格取得も可能です。

漢方コーディネーターを目指し、普段から体質を改善出来るための知識など、本格的に学んでみませんか?

まとめ

漢方を普段から摂取することによって、体質を改善していくことが可能です。諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講し、漢方について学んでみるのはいかがでしょうか?

漢方・薬膳W資格取得コース


TOP