薬膳漢方資格のお役立ち情報まとめ

薬膳漢方資格のお役立ち情報まとめサイトイメージ

身体の内側から美容と健康に良い効果があることから、注目が高まっている薬膳と漢方。当サイトでは、この古来からの優れた知恵を取り入れられる情報と、効果的に身につく資格・講座についてわかりやすく解説していきます。薬膳漢方でもっと健康維持!

MENU

薬膳料理に入れると良いスパイス・食材

薬膳料理に入れると良いスパイス・食材

薬膳料理に欠かせないスパイスにも、さまざまな成分や効能があります。

そのため、スパイスを料理に合わせて上手に使うことによって、さらなる効果が得られるようになるでしょう。

また、スパイスによっては、香りで料理に刺激をプラスすることも可能です。では、薬膳料理に入れるとよいおススメのスパイス食材をみてみましょう。

薬膳料理に入れるといい栄養補強に役立つスパイス!

栄養補給として薬膳料理にも使用できるスパイスとして唐辛子、ショウガ、マスタード、山椒、ゴマ、ニンニク、シナモンなどがあります。特に夏の時期に多く生じる倦怠感は冷房病とも言われており、そのための栄養補給が必要となります。

冷え切ってしまった体に役立つスパイス代表として「シナモン」があります。シナモンには発汗作用や解熱作用があるので、血流を促進させることが可能です。

また、「レッドチリ」は、脂肪を燃焼させながら発汗を促す成分・カプサイシンがたっぷり含まれているため、冷えている体に栄養を補給するスパイスとして使用可能です。

「コショウ」も薬膳料理におススメ!

日本の食卓でもおなじみのスパイスであるコショウは、”スパイスの王様”とも呼ばれるほど、定番のスパイスとして親しまれています。味に変化を与えてくれるコショウには、ビタミンB1やB2 カリウム、カルシウム、鉄分、マグネシウム、マンガンなどのミネラル類がたっぷり含まれています。

また、辛さの主成分であるアルカロイドの一種ピペリンには、抗菌作用、防腐作用、防虫作用、抗酸化作用、血行促進作用、食欲増進効果、胃腸機能の向上効果などがあるので、薬膳料理のアクセントとして仕上げに使用すると良いでしょう。

本格的な薬膳料理も学べる諒設計アーキテクトラーニングの「漢方・薬膳W資格取得コース」

3年連続口コミランキング第1位を獲得している諒設計アーキテクトラーニングの「漢方・薬膳W資格取得コース」では、漢方コーディネーター薬膳調整師の2資格取得を目指しつつ、漢方と薬膳に関する専門的な知識を学べる内容となっています。

たとえば薬膳に関しては、身近な食材で作れる薬膳料理、薬膳酒、薬膳茶などのレシピを学べるため、食卓に出すレパートリーを増やすことができるでしょう。

初心者の方でも問題なく学べるよう、プロの監修のもとカリキュラムが構成されていたり、何度でも専属トレーナーに質問できる質疑応答サポート体制が充実しているなどの魅力もポイントです。

講座を受講し、健康や美につながる漢方と薬膳を本格的に学びませんか?

まとめ

薬膳料理にスパイスをプラスすることで、さらなる効果を得られます。そのためにも本格的に薬膳を学んでみませんか?

漢方・薬膳W資格取得コース


TOP