薬膳漢方資格のお役立ち情報まとめ

薬膳漢方資格のお役立ち情報まとめサイトイメージ

身体の内側から美容と健康に良い効果があることから、注目が高まっている薬膳と漢方。当サイトでは、この古来からの優れた知恵を取り入れられる情報と、効果的に身につく資格・講座についてわかりやすく解説していきます。薬膳漢方でもっと健康維持!

MENU

薬膳調整師資格

薬膳調整師資格

薬やサプリメントに頼らず、自然の食材で健康を維持するオーガニック志向の方が近年増えています

それに伴い、自分の健康状態に合わせて食材を選び調理をし、健康を維持する薬膳が注目されています。

そんな薬膳の知識が求められている薬膳調整師資格とはどのような資格なのか、見てみましょう。

薬膳調整師資格とは?

薬膳調整師資格は、日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催している民間資格です。この資格には薬膳の基礎知識や理解、漢方的な観点からみたさまざまな食材の効能の知識などが求められています。

それには旬の食材、野菜の食材、乾物の食材、魚・肉の食材、薬膳料理、薬膳酒、薬膳茶などの知識やレシピなども含まれています。

薬膳調整師資格の評判とは?

健康を維持するためには食生活を気を付ける必要があります。そういったことなどから、自分や家族の健康を守るため、薬膳調整師資格取得を目指す方が多くいらっしゃいます。

資格取得を目指し、薬膳に関して学んでいくことで、普段何気に行っていることが薬膳の考え方であったことに驚嘆している方も少なくありません。

履歴書にも記入することが可能なため、資格を就職活動にも活かせるのも魅力のひとつとなっています。

薬膳調整師資格を取得するには?

薬膳調整師資格の認定試験は、インターネット環境が整っていれば自宅での在宅受験が可能です。認定試験は2月、4月、6月、8月、10月、12月の偶数月、つまり、年に6回実施されています。

受験の申し込み手続きは、申し込み期間中に日本安全食料料理協会のホームページから行います。受験資格は特に無いため、誰でも受験することができるのは魅力のひとつです。

受験費用は税込み10,000円で、申し込みの際に記入した住所に解答用紙が届く際に受検費を支払うシステムとなっています。決められた答案提出期限内に解答用紙を返却し、合否結果は自宅に届きます。合格基準は70%以上と設定されています。

まとめ

薬膳調整師資格の取得を目指して独学で学ぶことも可能ですが、薬膳の世界は実に奥が深いため、試験勉強をするのはなかなか難しいものがあります。

しかし、認定試験に対応している諒設計アーキテクトラーニングの「漢方・薬膳W資格取得コース」を受講することによって、効率よく試験勉強をすることが可能です。

この機会に、講座の受講を検討してみてはいかがでしょうか?まずは諒設計アーキテクトラーニングへ、資料請求からはじめてみましょう。

薬膳調整師資格


TOP